投資信託 インデックス投信

引越し業者が語るお得な引越し方法

現役引っ越し業者の僕がお得な引越し方法を伝授します!

メニュー

投資信託からいずれは株式市場へ投資信託を始めて1ヶ月の状況貯蓄から投資への一歩

投資信託からいずれは株式市場へ

投資信託ってあまりベテラン投資家やプロの投資家には人気がありません。なぜなら資産が数倍から数十倍になることはほとんどないからです。

例えば株式なら、まだ注目されていない株であれば、1年で2倍、3倍になることも稀にありますが、投資信託ではそのようなことはほとんどありません。

逆に株であれば資産が1年で半分になる可能性もありますが、投資信託では資産が急激に減る可能性も低いんです。

つまり投資信託はローリスクローリタンの投資商品なので、初心者の方にオススメの商品と言われているんです。

ですのでこれから資産運用を始める方は、まずは投資信託から入って、そこで色々勉強し、そして経験を積んで、株やFXなどに参入しても遅くはないと思うんですよ。

僕も今は投資信託のみですが、いずれは個別株への投資を考えています。もちろん資金がそれほどないので、トヨタやソフトバンク、ソニー、三菱などの株は買わず、低価格の株を買うつもりです。

ただこれも難しいですよね。もちろん低価格の株は数十倍になる可能性を秘めていますが、結局は紙くず同然になることもあるし、逆に大企業の株は数十倍はなくても、今後も緩やかに右肩上がりになる可能性もあるし、どちらを選ぶかは投資スタイルによって変わり、貯金するくらいなら株に投資したほうが良いと考える方はやはり安定している大企業の株を。

一方、一攫千金ではないですが、ある程度のリスクを負ってでも数倍~数十倍になる可能性を追うのなら、低価格の株を。ということになりますね。当然僕は後者です。

ハッキリ言って、少ない資産を殖やすのに、今からトヨタやソフトバンクを買っても遅いような気がしているので。。

とりあえずは今持っている投資信託が含み損から含み益に変わったら、株式市場に参入したいと思います!(いつになるやら・・・)


投資信託を始めて1ヶ月の状況

投資信託を始めたサラリーマン慎太郎です!

投資信託を始めて約1ヶ月経ちましたが、現在の状況はマイナスです。。約5%ほど含み損を抱えている状況です。それほど甘くありませんね。。

ただこの1ヶ月は株式市場が冷え込んでいるので仕方ありません。逆に始めてすぐに株や投資信託が高騰したほうが、投資なんて簡単だと思い、後々、大やけどをする可能性があるので、良かったんじゃないかと思って前向きに考えています(本当です・・・)。

さて投資信託についてですが、投資信託は大きく分けると手数料が安く、市場(日経平均など)に連動するインデックス投信と、手数料は高いが市場を超えを目指すアクティブ投信があります。

どちらが良いかは一概には言えませんが、僕はとりあえずインデックス投信に投資しています。ウォーレン・バフェットもインデックス投信を勧めていますからね。

そもそも市場を上回る成果を上げているアクティブ投信って非常に少ないっていうデータもあるので、最初からアクティブ投信を始める理由はありませんから。

とりあえずは今の投資信託を保持し、次はどこへ投資するのかを考えようと思います。

貯蓄から投資への一歩

日本は超高齢社会へ突入し、これから人口も徐々に減少し、必然と労働者も減少していきます。しかし給料は上がると言えば逆で、平均給与も年々、少しずつですが減っています。給料が減っているにもかかわらず物価は微妙に上がっている感じで、今後、一般的なサラリーマンなどは確実に生活が苦しくなってくると予想されています。

遅くなりましたがサラリーマン慎太郎です(-。-;)

そうです、このまま何もしなければ確実に悲惨な老後が待っています。

そこで僕はとうとう一歩を踏み出す決断をしたんです!そうです、いよいよ投資デビューをする決断をしました!

もー自分と家族を守るのは自分しかいないと思い、そして会社の給与だけではなく、他にも収入源を持たなければ本気でマズイと思い投資の世界へ身を投じることとなったんです。

もちろんリスクはありますが、リスクを恐れて何も行動を起こさないほうが大きなリスクだと思うです。

とりあえずは証券会社の口座を開設し、お金を入金し、そこまではしたんですが、そこから何を買えばよいのかまったくわからず、かといって適当に株を買ったところで負けるのも目に見えているので、まずは勉強だと思って投資信託を購入しました。

投資信託はあまり知識がない素人でも気軽に、そして少ない資金でも始められるので、投資初心者に人気の投資先なので、僕もまずは投資信託を選んだんです。これから投資について色々、勉強し、投資信託を皮切りに、投資家への道を歩んでいくつもりなので、温かく見守っていただければと思います。

メニュー

投資信託からいずれは株式市場へ投資信託を始めて1ヶ月の状況貯蓄から投資への一歩


Copyright ©引越し業者が語るお得な引越し方法 All rights reserved.

ログイン